マンションのトイレのリフォームがしたい!チェックポイントは?

マンションの場合は水圧に要注意です

マンションに住んでいる人のなかにはトイレが古くなってきたのでリフォームしたいと考えている人もいるかもしれません。各メーカーからは様々なタイプのトイレが発売されているので目移りしてしまうこともあるでしょう。でも、その前に水圧に気をつけましょう。製品によっては水圧が足りないと設置できない場合があります。そして、マンションの高層階は水圧が十分でない場合もあるのです。気になる製品があったら自宅に設置できる製品かリフォーム業者の人に確認したほうが良いですよ。

タンク式かタンクレス式か

現在、トイレの形は大きく分けて2種類あります。タンク式とタンクレス式です。タンク式は従来からよく見られたタイプのもので、タンクの上に手洗い器をつけることができますよ。また、価格はタンクレス式に比べるとリーズナブルです。タンクレス式は近年人気が出てきたタイプの製品で、タンクがないため空間を広く使うことができます。ただ、手洗器を別に付ける必要があります。価格はタンク式よりは高額になる傾向にあります。予算やトイレの広さを考えてピッタリ合う製品を選びましょう。

トイレの素材もチェック

トイレの素材も大きく分けて2つあります。1つは陶器です。昔から使われていたもので、この質感が好きという人もいるでしょう。最近では掃除しやすいように表面を加工しているタイプのものもあります。もう1つは有機ガラス系の素材です。この素材は陶器よりも軽いのが特徴です。また、陶器よりも汚れが付着しにくくなっています。有機ガラス系の素材を用いたトイレの中には自動的に掃除をしてくれるものもありますから、トイレ掃除が苦手という人はこちらを選んだほうが良いかもしれませんね。

マンションリフォームでは、老朽化した部分を新築時のような状態にできるため、住環境の改善に役立つというメリットがあります。