賃貸住宅で快適に過ごすためのポイント3つ

騒音には気を付けよう

賃貸住宅の中でも、集合住宅の場合、他の部屋に住んでいる人への気遣いは大切です。大きな足音を立てていると、下の階の人に響くので、絨毯を敷いて音が響きにくくしたり、歩き方に気を付けるといった対策をします。また、早朝や夜中にシャワーを浴びたり洗濯機をまわすも、隣の部屋や上下の部屋の人の迷惑になるので慎みます。深夜の帰宅になる際は、階段を上がる足音や、扉の開け閉めの音もできるだけ小さくなるように気を付けて行動しましょう。

決められたルールは守ろう

集合住宅にはルールがあります。ゴミ出しの日時などに決まりがある場合、きちんと守ることがご近所トラブルを防ぎます。ルールを破っていると、それだけで印象が悪くなり、何かトラブルが起きたときに誰にも味方になってもらえません。普段からルールを守ってまじめに生活していた場合、近所に迷惑をかける突発的な事件があっても、きちんとお詫びをすれば禍根を残さずに済む確率が高くなります。また、ペット禁止のアパートでこっそり動物を飼ったりしていると、最悪退去させられることもあるので、しっかり決まりは守りましょう。

部屋を汚したり壊したりしない

賃貸住宅の場合、いつかは退去する場合が多いです。退去するときには、原状回復といって、借りたときの状態に部屋を戻して明け渡す必要があります。部屋を汚したり傷つけてしまった場合、元の状態に戻すのが大変です。掃除をしても元に戻せなかった場合、大家さんに原状回復のための費用を払わなければならなくなります。ですので、使っているときからできるかぎり汚さないように生活することが大切です。タバコを吸う際は外に出る、床や汚れそうなところには絨毯を敷いたりカバーをかけたりするなど対策をしましょう。

札幌市豊平区の賃貸マンションは、ダブルオートロック機能といった最新式の防犯セキュリティが整っている賃貸マンションです。