マンションを決めるときの賢い選び方-その3選

マンションに住んでいる人の情報の聞き方

既に建ててあるマンションを選ぶ時は、住人がどのような人たちなのかを調べる必要があります。特に両隣や上下の階は管理人や不動産屋を通して聞くことです。ただし、住人の個人情報に繋がることは、管理人でも難しくなります。このような場合は、近隣に住んでいる人たちに聞いてみることです。近くの野菜屋さんなど個人経営のお店を訪ねて、「今度引っ越してこようと思っているのですが」と話しかけて噂などないかを聞くと情報が得られます。

マンション周辺のお店は直接出向くこと

不動産屋などに掲載している近隣の情報は、参考にはなりますが、実際に契約をする前に訪ねてみることです。毎日の生活に必要なスーパーやドラッグストアは店名だけでは分かりません。知られている店名であっても、地域によって売り場面積が違えば、置いてある品揃えは変わります。あると思っていたものがなければ、そのために遠くまででかけなければならなくなります。これは行政機関も同じで、役所は支部になると資料には取り寄せになるものも出てきます。

子どもがいる家庭は病院の診療科まで調べること

子どもがまだ小さい家庭であれば、一年を通して病院を欠かすことはできません。ところが病院があると思っていても、その病院の診療科目が何かを確認する必要があります。これは看板を見なければダメで、小児科・内科・整形外科の順であれば小児科が得意な病院になります。ところが、順序が逆で小児科が最後であれば、小児科も診ますが専門ではないので、難しい病気になれば、紹介されて他の病院に回されてしまいます。緊急となれば手遅れになることもあります。

名古屋市昭和区にある八事は、住宅街が多くバスや地下鉄といった公共交通機関も通っています。そのため、八事のマンションは生活環境が整っているので暮らしやすいです。

住宅リフォームなら…外壁塗装から始めよう!

外壁塗装リフォームが必要!

古く傷みの目立つ家でもリフォームすれば見た目が新築のようになります。傷まない家などはあり得ず、住んでいれば修復や修繕は必要不可欠と言えるでしょう。フローリング材の割れや削れはどの家にもあって当たり前です。階段のすべり止めの効果がなくなれば、怪我や事故にも繋がります。壁紙の耐久性も落ちてくれば貼り替えしなければなりませんし、家の中で修理を必要としている所はかなりあります。しかしそれでも住宅の外壁ほど激しく傷み、リフォームを必要としているところは他にはないでしょう。

外壁のダメージはどれほどある?

家の構造上最も頑丈にしておかなければならない部分として土台や柱の他に外壁もあります。何も施さない壁では耐久性に欠けるため、外壁には外壁塗装という工事を行っています。風の強い日などは特に小石や異物なども住宅の壁にぶつかってきますし、台風の日には物が飛んできて外壁に大きな傷を残すこともあります。外壁にクラックがある場合は、早めにリフォームを行うことが必要です。壁の内部に雨が浸み込めば、基本構造である土台や柱を劣化させてしまうからです。

外壁塗装の知識をつけてから

外壁塗装工事を依頼したいがインターネットで調べるといろいろな業者が検索されるので、どの業者にお願いしたらいいのか迷ってしまう人も多くいます。外壁塗装工事の料金相場を知らない人が工事費用を安く済ませたいと思っていてもそれは無理というものです。外壁塗装のリフォームを依頼する場合には、たっぷりと時間をかけて外壁塗装について調べておくのが良いでしょう。深い知識を持っている友人に聞いてみたり、ネットや本を参考にして自分なりに勉強した上で工事業者に依頼するのが良いでしょう。

アパート塗装なら千葉において豊富な実績を誇る業者を選ぶことが重要で、事前の打ち合わせから施工後のアフターサービスまで納得の対応が期待できます。

ここを見ておけばよかった!実際に住んでみて分かった賃貸物件お選ぶポイント

防音性能は重要なポイント

賃貸アパートを借りてそこに住んだ後に分かった賃貸の選び方のポイントとしてはまず防音性能がしっかりしているかということです。私の場合は住んだ後に、その賃貸の防音性能が低くて非常に困った経験があります。賃貸物件の内容についてはそれなりに充実していたのですが、防音性能については実際に住んでみないと気がつけ無いことも多いです。なので、これから賃貸物件を借りられるという方は、可能ならば不動産屋と相談をしてその防音性能を確かめると良いでしょう。

銀行や郵便局の有無もポイント

またもうひとつ「ここを見ておけば良かった」と感じたポイントが銀行や郵便局のポイントです。特に日常生活でお金を引き出したい時には、そのような銀行や郵便局が自宅近くにあると非常に便利になってきます。私はコンビニエンスストアやスーパーなどはチェックしていたのですが、銀行や郵便局のことまで頭が回らなくて、それらが周辺にない賃貸を借りてしまって後悔をしたことがあります。なのでそうならないためにも、借りる時には近くに銀行や郵便局がある所を選ぶと良いです。

バス停が近いかもポイント

そして、最後のポイントはバス停の近さです。賃貸物件選びは駅から近い物件が良いとされていますが、バス停から近い物件も何かと便利になってきます。自動車が色々な理由で使えない時でも、バス停が近くにあればある程度のエリアまで移動が自由になります。特に高齢者の方ほどそのバス停の有無は重要になってくるでしょう。と、以上のような事が実際に賃貸物件に住んでみて感じた、見ておけばよかったと感じたポイントです。物件選びをする時には、その点も見ていくと良いですよ。

一戸建てに住んでいるとローンの返済に追われるプレッシャーがありますが、札幌市北区の賃貸マンションは、ローンの返済に追われるプレッシャーもありません。

広い間取りが有利!?趣味に熱中する為の賃貸選び

やたらに収納スペースを取るアウトドアの趣味

スキーやスノボ、サーフィンやフィッシング等、アウトドアの趣味に嵌っている人にとっての悩みの種は常に、これらの大きくかさばる用具類をどうやって収納するかという問題に尽きるでしょう。ウィンタースポーツを始め季節性の強いアクティビティであれば、シーズンオフにはクローゼットや押し入れに完全収納してしまえば良いのですが、周年活動する用具ともなると常に取り出し易い位置に保管しておかねばならず、他の家具との兼ね合いもあり大変難しい問題となるものです。特に間取り的に限定される賃貸アパートやワンルームマンションではこれらの問題が最も顕在化するものです。

間取りが広ければ広い程有利なのは確かだけれど・・

賃貸物件でもリビングの間取りが広ければ広い程収納スペースに余裕が出来、他の家具との兼ね合いも上手くいき有利となるのは間違い無いでしょう。手狭な部屋では得てして部屋の角にデリケートな道具の先端をぶつけ破損といったトラブルも多くなりがちですよね。こうしたリスクを避ける意味でも広い部屋はやはり有利となる訳です。ですが当然間取りの広さは賃料の高額化に直結してくるもの。経済的な限度を見極めある程度の妥協点を見出す必要はあるでしょう。

工夫した収納スペース作りやアイテムの活用を

どうしても経済的に確保出来る賃貸の間取りに限界があるのなら、その限られたスペースを工夫して上手く利用する必要があります。例えば部屋を立体的に使い、部屋の四隅上部に三角ハンガーラックを取付けそこに用具を格納したり、天井からロッドホルダーをぶら下げ釣り竿やストックを収めたりと、普段の生活に影響の無い空間さえも上手く活用する工夫が有効だったりします。もちろん余分なスペースがあればクローゼットや押し入れも色々と活用出来る筈です。また収納に大変便利なトランクルームの利用も一つの手ですが、別途賃料が発生する為最後の手段としておくのが理想的でしょう。

札幌の賃貸マンションは、ローンの審査をしなくても、毎月の家賃を払えば誰でも気軽に入居して暮らすことができます。

お部屋探しの参考にしたい!賃貸の近くにあると何かと便利なもの3選

自分の口座のある銀行のATM

お金を下ろしたいときにすぐ駆け込めるので便利です。手数料のことを考えると自分の口座のある銀行が良いです。コンビニのATMでお金を引き出すとたいてい手数料がかかってしまいますが、自分の口座のある銀行では手数料が優遇されることが多いようです。大きな銀行の支店はいくつもあるので、物件の近くに自分の口座のある銀行はないか見てみましょう。窓口手続きが必要になった時でも、支店が近くにあればすぐに行けるので安心ですね。

医院や病院などの医療機関

生活しているとだれでも病気にかかったり、けがをすることがあります。そんなときに医院や病院が近くにあると便利です。夜間診療の病院があれば夜中にしんどくなった時などでもすぐに駆け込めるので安心です。特に体調を崩しやすい、もしくは定期健診などでよく病院を利用する人は近くに病院があった方が良いでしょう。遠いところまで通院するのは何かと大変ですから、物件探しの際には近くに医療機関があるところを選びたいものです。

品揃えの多いドラッグストア

ドラッグストアでもトイレットペーパーやティッシュペーパーなど消耗品から食パンや牛乳まで揃うところも多くなっています。ですから近くに大型スーパーが無くても、このようなドラッグストアがあると便利です。また熱を出した時に熱冷ましシートや解熱剤などがすぐに買えるのも安心できます。営業時間が朝9時から夜9時までなど、夜遅くまで営業していると仕事帰りでも利用しやすいですね。賃貸物件の近くに一店舗あるだけでも住みやすくなりますよ。

賃貸マンションの場合は、一戸建てと違い、ローンの審査もなければ、入居手続きも簡単に行うことが可能です。

居抜き物件で開業する3つのメリットについて

初期費用が抑えられる

開業する際に自分のやりたい業種と同じ居抜き物件を選ぶと、そこにある設備や機材などをそのまま流用することができるので、非常に安くではじめることができます。とくに水道などの工事関係のことを一から始めようと思えば、かなり費用がかさんでしまいます。とても運のいい場合は内装をほとんど帰る事無く、外装をちょっと手直しすればそのまま営業を始めることのできる物件に出会えるかもしれません。初期費用を抑えるには居抜き物件はおすすめです。

準備のための期間が短い

もしも一から物件を作っていこうと思うと、必要になる機材や什器を購入することから始めないといけません。そうすると選んでから搬入するまでに時間がかかってしまいます。そこで居抜き物件を利用するとそのまま椅子やテーブルを使うことで、選ぶ手間が省けて営業開始までにかかる時間が大幅に短縮できます。営業開始までの時間を短くすることによって時間的な負担と金銭的な負担を下げることにより開業の難易度を下げることができます。

前店舗の客を取り込める

前の店舗と同じような業種の場合は、前の店舗を通っていた人は次に入る店が何か確認します。その業態のファンの人であれば一度は店に来てくれるでしょう。そうすることで新規のお客さんを取り込みやすい環境であるといえます。一から始めていると周りに認知してもらうところから始めるので、居抜き物件で始める場合と比較して難易度は高いです。なので一度は目に付けてくれる可能性の高い居抜き物件から始めることで、とりあえずは認知されやすいといえるでしょう。

店舗物件を探したい場合は不動産屋で探します。不動産屋なら、自分のイメージする店舗の条件とあった空き物件を探すのが簡単です。